「真田幸村」と言う名前について
幸村という名は史実では登場しない

真田氏で特に有名なのは大坂の陣で活躍した真田昌幸の二男である真田幸村ですが、実は幸村という名前は江戸時代の軍記小説作家によって作られた創作であるという説が有力です。
真田氏の二男が存命中に書いた書状には「信繁」や「弁丸」(幼名)の署名はありますが、その他の信頼できる文献においても幸村という名は全く資料として発見されておらず、江戸中期頃に書かれた軍記小説で真田幸村が登場する以前では「幸村」の名前が確認されていないからです。

なぜ幸村という名が定着したのか?

幸村という名前は、江戸時代中期以降に小説で広まる以前の記録では全く確認できていません。
1672(寛文12)年頃、万年頼方(まんねん よりかた)と二階堂行憲(にかいどう ゆきのり)によって書かれた「難波戦記(なにわせんき)」で、初めて真田昌幸の二男が「真田幸村」として軍記小説に登場したとされ、その後、「真田三代記」などが出版され、真田幸村や忍者部隊など幸村の家臣達が活躍する物語は人気になり、「真田幸村」の名前が急速に広がっていきました。

真田昌幸の二男を本来の「信繁」ではなく、なぜ「幸村」という名前で呼ぶようになったのか、その理由については諸説あり特定できていませんが、3つ程あります。

1)伊達綱村の「村」と真田氏の諱である「幸」を組み合わせた
真田氏を題材にした軍記物の小説を作る作家が仙台伊達氏に仕えていた仙台真田氏に取材を行った際、当時の仙台藩主だった伊達綱村から一字をもらい、真田氏の諱である幸と組み合わせたという説。
しかし、伊達綱村が綱基から改名した時が1678年であるため、1672年に成立したと言われる難波戦記よりも後であるため、難波戦記の成立時期が別でない限りこの説は間違いである可能性があります。

2)姉である「村松殿」の「村」と真田氏の諱である「幸」を組み合わせた
難波戦記の作者が、信繁の姉である村松殿の「村」と真田氏の諱である「幸」を組み合わせたという説。
しかし、明確な根拠とは言えません。

3)大坂の陣で「信繁」が「幸村」に改名した
大坂城入場前に昌幸の子供という立場を強調するために、「幸」の字を入れた幸村に改名し、本当に幸村という名前を使ったとする説。
しかし、これについて明確な根拠は無く、大坂城内から上田へ出したと言われる書状には「信繁」の署名があるため、この説が正しい可能性は低いようです。

真田氏の公式な記録にも、幸村として信繁のことが記述されている例もあるようですが、これは記録が編纂された時期に問題があります。真田氏は徳川氏を敵に回して3度も大きな合戦を交えている歴史を持つこともあり、しっかりと記録を残すことを徳川氏に遠慮していたため、それらが編纂されたのは江戸中期以降のことなのです。
小説で「幸村」の名前が広まった後に編纂されたため、信繁ではなく幸村という名前を松代藩の公式な記録に採用してしまった可能性が高いようです。
「信繁」という名前があるにも関わらず、なぜ「幸村」名前が付けられてしまったのかは不明です。しかし、敢えて可能性のある例を挙げることができます。 ただし、これらは推察の域を出ません。

A)「真田信繁」という名前は藩主など真田氏の一部の人だけが閲覧出来る書類にしか記載されていないとおもわれます。小説の作者や藩士編纂を担当した家臣が余程の重臣でなければ、真田昌幸の二男の名前を知ることができなかった可能性があり、そのため「幸村」という名前が採用されてしまったという可能性はあります。(藩主でさえ、藩士編纂当時に置いて信繁の書状の存在や内容を詳しく知らなかったとすれば、尚更。)

B)「真田信繁」が活躍する小説を書くことは、徳川氏の恥の部分にスポットライトを当てることになるため、意図的に実名である「信繁」ではなく「幸村」という架空の仮名で、真田昌幸の二男を物語に登場させることにより、松代藩の真田氏に影響が及ぶことに配慮した可能性があります。真田氏の立場からすれば、「幸村」という名前は一族にはいませんし、小説家が勝手に書いたことだと幕府に言い訳が成り立ちます。

この様に、信繁よりも幸村と言う名前が重用される経過をたどって明治を迎えたました。そのため、立川文庫で真田を題材にした小説を書いた玉川玉秀などの作家は、何のためらいもなく真田昌幸の二男の名前に「幸村」という名前を採用したようです。そして、幸村や忍者の人気の上昇とともに、真田幸村という名が急激に世間に広まっていったのです。

真田昌幸の二男の名前は真田幸村ではなく、本当は真田信繁
以下の理由により、真田昌幸の二男の本当の名は「真田信繁」であり、「幸村」は後に付けられた名前である可能性が高いようです。
ハッキリしていることは、真田昌幸二男の存命中の記録において「信繁」の署名は存在していますが、「幸村」を名乗っていた痕跡は全く無いということです。
真田幸村と言う名前は小説の登場と同時期からの記録に残っているため、小説の作者によって書かれた架空の名前である可能性が高い。

幸村という名前とともに真田十勇士も「難波戦記」以降の創作で、時代を経る毎にメンバーが増えていきました。
(真田十勇士について詳しくは真田十勇士をご覧ください。)

rokumonsen.comでの表記について

このページで前述していますが、真田昌幸の二男の呼び方は「信繁」と「幸村」の2つあり、史実を正確に反映している呼び名は「信繁」であることがほぼ確定されています。しかし、これまで「幸村」の名前で大勢の人々から親しまれてきたことを考慮し、rokumonsen.comでは真田昌幸の二男については「信繁(幸村)」と表記しています。

トップ戦国真田データベース真田氏一覧>真田信繁>名前について
 
ろくもんせんどっとこむ トップページへ 真田氏データベース トップページへ ルーツ 家紋 歴代藩主 一族 系図 年表 親戚 家臣 勢力範囲 合戦遍歴 関連伝説 真田十勇士 有力者データベース 用語データベース サイトインフォメーション トップへ